湯室

茶道にその世界を体現した茶室があるように、湯道にも湯の世界を体現する湯室があります。戸を一枚隔てたその世界は、湯道の為だけに存在する特別な空間です。

0
1
2
3
  • 湯船

    挾土秀平(左官職人)

    1962年 岐阜県高山市生まれ。 1983年 技能五輪全国大会優勝。
    1984年 同世界大会出場。 2001年 「職人社秀平組」を設立。
    土にこだわる壁づくりを目指し、普段は、近代的な建築物や個人住宅、伝統的な土蔵や茶室の壁塗りを行う。天然の土と素材を使った塗り壁作りは、モダンかつ斬新でほかに類がなく、独自の世界を生み出し、世界にも活躍の場を広げている。また左官だけにとどまらない空間や作品、デザインを数多く発表し、画廊・ギャラリーによる個展活動も含め幅広い活動を展開している。代表的な仕事は、「金沢黄金の蔵」「ザ・ペニンシュラ東京」「洞爺湖サミット」「氷雪の壁」「銀座WAKOウインドウディスプレイ」「こっかくの間」「アマン東京」「歓待の西洋室」「大河ドラマ真田丸」など多数。著書に『のたうつ者』(毎日新聞社)、壁と詩を綴った三部作『青と琥珀』(木耳社)『ひりつく色』、『ソリストの思考術 挾土秀平の生きる力』(六耀社)。ブログ『遠笛』は人気を博している。

  • 天井画

    立山周平(画家)

    宮崎生まれ、宮崎育ち、宮崎在住の日本画家。
    京都で学んだ本格派の日本画家であると同時に、現代都市環境を彩る数々のモニュメント、オブジェを手掛ける。その作品はアメリカを始めとする海外でも高い評価を得ており、国内におては東京のロイヤルパークホテルをはじめとしたハイエンドな施設に作品を提供している。

  • お軸

    山田和尚(京都大徳寺真珠庵住職)

    1954年福井県出身。
    13歳のときに、京都大徳寺塔頭真珠庵第26世住職、山田宗敏について出家得度。真珠庵で小僧生活を送る。77年から大徳寺専門道場で修行。86年真珠庵に帰庵。98年、真珠庵第27世住職になる。
    2005年から音楽家ツトム・ヤマシタ氏と共に、宗教宗派を越えた音楽法要「音禅法要」を営んでおり、大徳寺だけでなく、パリやプロバンスでも開催している。そのころから世界各国へ座禅の指導に赴く。住職だけではなく、庭師の一面も持つ。(撮影:鬼海弘雄)

  • 空間デザイン

    牧田広海(Small Lights)

    1983年生まれ。神奈川県出身。
    学生時代に始めたインスタレーション活動が徐々に空間デザインに傾倒していき、フリーのインテリアデザイナーとしてキャリアをスタートさせる。その後、株式会社ワンダーウォールにて片山正通氏に師事。国内外の商業施設の設計・デザインプロジェクトに従事する。2015年、デザイン事務所Small Lights設立。伝統的なディテールを現代的に解釈することで、時代を超えた空間を作り出すことを目指している。

  • 施設建設

    株式会社加賀城建設(建設会社)

    宮崎というまちに寄り添って65年。
    宮崎の建築を知り尽くしたスペシャリスト 。