1
2
3
5
6

「おゆのみや」は、湯の道を説く「湯道」を体現した初の湯室です。

湯道とは?

「湯道」とは放送作家 小山薫堂が提唱する究極の「湯」の作法、様式、芸道です。「湯道」では小山薫堂が提唱する3つの精神を基礎として、湯事として進行するその体験、時間全体を1つの様式、作法、美として捉え、あるべき姿を探求していきます。

薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります薫堂さんのメッセージが入ります

「湯道」は作法、湯室、湯道具、3つの要素で構成されます。

「湯道」について

おゆのみや